アビリティ支援センター

支援:合理的配慮

1.合理的配慮

 修学支援のうち、中心となるのは合理的配慮の提供です。国連による『障害者の権利に関する条約』に書かれている合理的配慮の定義は、以下のようになります。
 障害者が他の者と平等にすべての人権及び基本的自由を享有し、又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、特定の場合において必要とされるものであり、かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。
 合理的配慮(reasonable accomodation)とは、その名の通り、合理的と思われる範囲での配慮を意味しますが、「合理的」とは本人の抱えている障害や困難と、それに対する障壁を取り除くための方策に必要な経済的、人的、物理的資源が、釣り合いの取れたものとなっているかどうかを指しています。「配慮」(accomodationは調整と訳す方が適切に思えますが)とは、本人のもっている能力が発揮できるとう、障壁を取り除くことを意味しています。したがって「合理的配慮」とはそうした合理性のもとでの配慮・調整が行なわれることを言います。名古屋大学は修学支援の一環として、その提供を行なっています。

2.主体

 合理的配慮の提供は、大学にとっては義務ですが、それを受けることは学生にとっては権利の行使です。したがって、この申請や調整の主体は、第一に学生本人となります。そのため、逆にいうと大学が在籍している学生の障害状況を調べて、自動的に配慮(調整)を行なうということはありません。必要と思える支援を自分から申請することになります。
 一方、合理的配慮を提供する主体は、各部局(学部や研究科)にあります。アビリティ支援センターではありません。というのも、それぞれの部局は、それぞれの専門性に沿って、学生が習得しなければいけない知識や技能を考えているためです。このことは、合理的配慮の合理性の判断に影響します。そのため、どのような支援が必要かという学生側の希望とどのような学修が求められるかという部局の要請とを調整する手続きが取られます。アビリティ支援センターは、この仲立ちをしています。
 具体的な手続きについては、5.申請の流れをご覧ください。

3.対象

 名古屋大学では、現状、合理的配慮を提供する障害や困難は、医学的診断のついた障害を中心として、以下のようなものが妥当だと考えています。
身体障害
聴覚障害、言語障害、肢体不自由、疾患等による障害
精神障害
統合失調症、うつ病、不安障害、心因性の身体疾患等
発達障害
自閉スペクトラム症、注意欠損・多動症、限局性学習症等
 また、こうした合理的配慮を提供する機会は、カリキュラムを中心として、以下のようなものになります。
カリキュラム
講義、演習、実習等
大学の公式行事
講演会等
入学試験
 ただし、これ以外であっても、合理的配慮の提供の対象となる状態、機会と認められることもありますので、支援が必要と感じられた時には、一度アビリティ支援センターまでご相談ください。

4.支援メニュー

 支援は障害や困難に合わせて個別に組み立てますが、しばしばよく求められる支援内容を支援メニューとして用意しています。長いリストになっていますが、こちらを参考に、必要とする支援について考えてみてください。
詳しく
【キャンパス内移動支援】
車いす移動支援
キャンパス内で車いす移動の補助を行います。
キャンパス内移動支援
キャンパス内で移動補助が必要であれば、支援を行います。
【修学に関連した支援】
ノート作成支援
上肢に障害のある方などのために、講義内容をノートにまとめます。
ノート作成に関する調整
障害により講義内容をノートにまとめるのが困難な場合、教員に配付資料の作成や、講義資料の写真を撮影許可をお願いしたり、ノートまとめの補助を行ったりします。
読み上げ・状況説明支援
視覚に障害のある方などに、本や印刷媒体の読み上げを行ったり、周辺状況を説明するなどします。
手書きによるキャプショニング
講義内容(言語情報など)を、手書きによる文字情報でリアルタイムに伝えます。図表などの映像情報や、実習などの授業に有用です。
PCによるキャプショニング
講義内容(言語情報など)を、コンピューターに打ち込み文字情報でリアルタイムに伝えます。支援要請者は、手元のコンピューターやタブレットの表示を見ながら講義を受けます。座学などの講義に有用です。
PCによる遠隔キャプショニング
PCによるキャプショニングを離れた場所から行います。学外での実習等の際にも利用可能ですし、研究に関する議論の場など、その場の雰囲気を壊したくない場合にも有効です。
手話通訳者の派遣
手話のできるスタッフを派遣します。
資料集め・整理等補助
例えば、図書館などで資料を集める際や印刷の補助が必要な場合に支援を行います。
【教材や講義資料の変換など】
映像教材の字幕・副音声付け
教材や講義における映像資料に字幕や副音声を付けます。
書籍や配布印刷物等の教材の電子データ化
修学に必要な教科書や配布教材の電子データ化を行います。電子化されたデータはコンピューターやタブレット端末で拡大して読むことができるようになります。
電子データのフォーマット変換
電子データのフォーマットを変換します(例、PDF → Word など)。
【授業調整・試験調整】
試験調整
試験時間、試験方法(例、別室受験)、回答方法などの調整を行います(試験内容を変更することはありません)。
授業内調整
講義室の位置、座席位置などの調整を行います。

5.申請の流れ

 修学支援の申請にあたっては、以下の流れに沿って手続きを取ってください。各段階で分からないことがあればアビリティ支援センターまでお問い合わせください。

① 相談

 申請前に修学支援申請について一度ご相談ください。学生本人、または家族や教員からの相談も受け付けています。
窓口
アビリティ支援センター、または所属の学部や大学院
内容
どのような支援を希望しているか
どのような支援が受けられるか
必要書類について
申請の手順について
など

② 申請

 必要な書類を揃えて提出をしてください。書類の提出後に、アビリティ支援センターおよび所属部局と学生本人および関係者との面談を行ない、支援の調整を行ないます。
窓口
アビリティ支援センター
提出書類
修学支援申請書
支援の根拠となる資料(診断書、意見書など)
障害者手帳のコピー(もっている場合には)
など

③ 決定

 書類の審査を行ない、大学として合理的と考えられる支援を決定します。

④ 回答

 決定された支援内容は、学生本人に文書で回答されるとともに、関係部局や科目担当教員に文書で通知されます。
 学期の始まり(4月または10月)から支援を希望する場合には、始まりの月から1ヶ月前(2月後半または8月後半)には申請書類を提出してください。
 申請書の書き方など、分からないことがある際には、アビリティ支援センターまでご連絡ください。

6.申請書類

 以下より、書類をダウンロードしてご使用ください。申請書については、該当する障害名のものをダウンロードしてください。