支援内容

支援内容

【相談・アドバイス・コンサルテーション】
障害学生支援室のスタッフが、修学支援に関する相談を随時受けます。

修学上の困難を軽減するための様々なノウハウを提供します。


【障害学生支援サポーターの派遣】
修学支援のため障害学生支援サポーター(支援登録した後トレーニングを受けた学生)を派遣します。

【試験・修学環境調整】
試験時間の延長、試験場所やその方法の変更調整(講義担当者に配慮依頼)などを行います。

情報保障者の配置、座席位置や教室の調整、講義資料の変更調整などを行います。


【支援機器等に関する情報提供および機器の貸出】
支援機器の貸出や使用方法の教示を行います。

また、支援機器、ソフトウェアやアプリケーションの情報提供も行います。

支援機器リスト

貸出申請書

【就職活動や奨学金に関する情報提供】
就職活動に関して、企業からの求人情報を提供します。

奨学金情報などを提供します。


【学内施設の改善等】
障害のある学生の要望を受け、必要な施設改善のための調整を行います。

バリアフリーマップを作成しつつ、学内のバリアやアクセシビリティなどの確認を行い、全学的なバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化に努めています。

 

支援メニュー

【キャンパス内移動支援】
車いす移動支援    ー キャンパス内で車いす移動の補助を行います。

キャンパス内移動支援 ー キャンパス内で移動補助が必要であれば、支援を行います。


【修学に関連した支援】
ノート作成支援     ー 上肢に障害のある方などのために、講義内容をノートにまとめます。
ノート作成に関する調整 ー 障害により講義内容をノートにまとめるのが困難な場合、教員に配付資料の作成や、講義資料の写真を撮影許可をお願いしたり、ノートまとめの補助を行ったりします。
読み上げ・状況説明支援 ー 視覚に障害のある方などに、本や印刷媒体の読み上げを行ったり、周辺状況を説明するなどします。
手書きによるキャプショニング ー  講義内容(言語情報など)を、手書きによる文字情報でリアルタイムに伝えます。図表などの映像情報や、実習などの授業に有用です。
PCによるキャプショニング   ー  講義内容(言語情報など)を、コンピューターに打ち込み文字情報でリアルタイムに伝えます。支援要請者は、手元のコンピューターやタブレットの表示を見ながら講義を受けます。座学などの講義に有用です。
PCによる遠隔キャプショニング ー  PCによるキャプショニングを離れた場所から行います。学外での実習等の際にも利用可能ですし、研究に関する議論の場など、その場の雰囲気を壊したくない場合にも有効です。
手話通訳者の派遣       ー  手話のできるスタッフを派遣します。
資料集め・整理等補助     ー 例えば、図書館などで資料を集める際や印刷の補助が必要な場合に支援を行います。

【教材や講義資料の変換など】
映像教材の字幕・副音声付け       ー 教材や講義における映像資料に字幕や副音声を付けます。
書籍や配布印刷物等の教材の電子データ化 ー  修学に必要な教科書や配布教材の電子データ化を行います。電子化されたデータはコンピューターやタブレット端末で拡大して読むことができるようになります。
電子データのフォーマット変換       ー 電子データのフォーマットを変換します(例、PDF → Word など)。

【授業調整・試験調整】
試験調整   ー  試験時間、試験方法(例、別室受験)、回答方法などの調整を行います(試験内容を変更することはありません)。
授業内調整  ー  講義室の位置、座席位置などの調整を行います。

【情報提供等】
機器の貸し出し・機器の使用に関する指導 ー  障害者支援機器の貸し出しやそれらの使用方法を指導します。他にも、ソフトウェアやアプリケーションの情報提供も行います。 リンク集もご覧ください。
奨学金等情報提 ー  障害および一般学生用の奨学金情報をお伝えします。奨学金情報のページへ

【その他】
障害に関連した相談 ー  障害学生から就学、履修、学内バリア、就職、学生生活などにおける障害に関連した相談を受け、アドバイスやスーパーバイズを行います。しかし、あくまでも修学に関することがメインですので、相談内容によっては、他の相談部署を紹介します。
メンターリング ー  同じ、または似たような障害のある卒業生と個人的に連絡が取れるように仲介を行います。大学生活を上手に送る上での様々なノウハウの提供が受けられることがあります。
学内コンサルテーション ー  学内の教職員に対して、障害のある学生の修学支援対応や提供されるべき合理的配慮の妥当性に関するアドバイスを行います。
住宅情報の提供 ー  大学近隣においてバリアフリー対応のアパートなどの情報を提供します。
就活やインターンシップに関する支援 ー  就職活動における情報保障等の支援を行います。ただし、できる範囲が狭いため、ご相談下さい。
アドボカシー支援 ー  障害のある学生および障害者の権利表明・権利擁護に関してアドバイスや支援を行います。

  • はじめに
    名古屋大学では、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室