支援体制・プロセス

支援の具体的流れ・手続き

 継続した障害のある、または一時的に身体等の機能に障害が認められる本学に在籍する学生(特別聴講学生、科目等履修生、聴講生、研究生、外国人留学生、生徒等を含む。)の方であって、修学上の支援を必要とする方は、障害者支援室に修学支援の申請を行う必要があります。申請は、以下の手順で行ってください。  
 
1. 修学支援申請の流れ・障害者支援室に関する相談窓口を確認してください。  
2. 自分の障害等に合わせた障害等を理由とする修学支援等申請書を下記よりダウンロードしてください。  
3. 「修学支援内容一覧表」を参照しつつ、障害等を理由とする修学支援等申請書を記入して、障害者手帳、医師の診断書、専門家の所見など、支援の必要性の根拠となる資料と一緒に障害者支援室に提出してください。提出方法には、以下の2通りがあります。  
  a)e-mailで障害者支援室に提出する(障害者支援室 e-mail:nudso@adm.nagoya-u.ac.jp)。  
  b)もしくは、学生支援課(工学部7号館B棟)に提出してください。  
4. 申請書の書き方や提出に関してわからない場合は、障害者支援室、障害学生支援室、または所属する学部や研究科の担当窓口(教務係)にご相談ください。    

 障害者支援室が、申請書を受理し、本人の状況、支援が必要とされる授業の状況、授業担当教員や所属部局の意見などを総合的に聴取し、場合によっては話し合いを持ちます。その上で、必要とされる修学支援、すなわち合理的配慮が決定されます。その後、障害学生が所属する学部・研究科が、また場合によっては障害学生支援室と所属部局が連携して修学支援を行います。どういった学生が支援を受けられるのか、またどのような支援内容があるのかなどに関して詳しく知りたい場合は、障害学生支援室までご連絡ください。


支援の流れ(フローチャート)
         
修学支援申請の流れ・障害者支援室に関する相談窓口

支援の内容
         
修学支援内容一覧表

障害等を理由とする修学支援等申請書

肢体不自由のある学生用申請書 ⇒ 書き方の見本はこちら(作成中)
聴覚障害のある学生用     ⇒ 見本(作成中)
視覚障害のある学生用     ⇒ 見本(作成中)
精神障害のある学生用     ⇒ 見本(作成中)
発達障害のある学生用     ⇒ 見本(作成中)
難病等による障害のある学生用 ⇒ 見本(作成中)   
         
NOTE:重複した障害や上記に明確にあてはまらない障害のある学生は、障害等の状況を伝えやすい申請書様式を利用して下さい。
  • はじめに
    名古屋大学では、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援対象・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室