支援対象

障害学生支援室の支援対象

 障害学生支援室が修学支援を行う対象は、継続した障害のある、または一時的に身体等の機能に障害が認められるに在籍する学生(特別聴講学生,科目等履修生、聴講生、研究生、外国人留学生、生徒等を含む。)及び本学に入学を希望する者で、かつ本人から支援要請がなされ、その必要性が合理的に妥当であると判断された者が対象となります(※)。したがって、障害者手帳、医師の診断書、専門家の所見など、支援の必要性の根拠となる資料の提出が必要です。支援要請があり、根拠資料の提出があった後、障害者支援室が、本人の状況を聴取し、支援が必要とされる授業の担当教員などと話し合いをした上で、支援の必要性や支援内容が決定されます。          
         

 支援の範囲は、単位認定されカリキュラムに関連するほぼ全てです。講義時だけではなく、図書館における資料収集など授業に関連する作業についても、また実験やフィールドワーク、社会見学や学外での実習なども含まれます。そして、大学が主催する学内行事などで修学に関わるもの、大学が提供しているサービス(例、保健管理室や図書館の利用、学生相談カウンセラーへの相談、奨学金情報の提供など)へのアクセスも支援の対象となります。しかし、通学、介助、個人的な目的のための活動(例、勉強が遅れているので個人チューターをつけて欲しいなど)、日常生活などにおける活動は支援の範囲に含まれません。


大学主催のイベント、公開講座、シンポジウム等に参加される障害のある方の対応に関しては、障害者支援室にご連絡ください。






  • はじめに
    名古屋大学は、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室