スタッフ紹介

  1. ホーム
  2. スタッフ紹介

工藤 晋平(くどうしんぺい)特任准教授 臨床心理士

くどうしんぺい
      

 「障害」という言葉は一般に考えられているほど、境界の明確なものではありません。たとえば、もしもメガネの使用が許可されなければ、車の運転の出来ないほど「障害」を持つ人がたくさんいることになるでしょう。法律によって何を「障害」と呼ぶかも、実のところ一様ではありません。 WHO(世界保健機関)は最近、ICF(国際生活機能分類)という枠組みで、健康や障害を3つの水準で考えることを提唱しています。1つは心身機能・身体構造の水準(いわゆる疾患や医学的障害)と、個人の活動の水準(日常生活での困難)、そして社会的な参加の水準です。つまり、ある人が「障害」を持つかどうかは、生活の中で、そして周囲の環境との相互作用によって決まるところがある、というのが現在の「障害」像です。 障害学生支援質で私たちが取り組もうとしているの、こうした「関係性の調整」です。各学生がどのような困りごとを抱えているか、その生活の質が高まるために学生自身はどのように自分の状態と付き合い、大学はどのような環境整備を行なえば良いか、そうした手助けを行なおうとしています。 自分の力だけではうまくいかない「困りごと」がある時には、相談に来てください。大学が誰にとっても学びの場となるよう、取り組んでいきたいと思います。



井手原千恵(いではらちえ)学生相談員 臨床心理士

いではらちえ

 私はこれまでいくつかの大学でさまざまな背景をもった学生さんの支援を行ってきました。学生さん以外にも、さまざまな価値観を持つ若者から年長者まで、生きづらさをなんとかしたいとやってくる人たちのお手伝いをしてきました。もしかすると、あなたと似ているような困難さを持った人との経験が役立てられるかも知れません。心理カウンセリングや環境調整など、ひとりひとりのニーズに丁寧に応じていきたいと思っています。



茂大祐(しげだいすけ)学生相談員

しげ だいすけ

 これまで、重度障害を抱える方や発達特性のある方など、さまざまな学生と関わってきました。環境などにより、困難さはそれぞれ異なります。個別のニーズに耳を傾けていくことが大切になります。その上で、適切な配慮につないでいきたいと思います。 これから一緒に考えていきましょう。



ページの先頭へ

  • はじめに
    名古屋大学は、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室