サポーター募集

障害学生支援サポーター募集

 名古屋大学学生相談総合センター障害学生支援室では、障害のある学生の支援をするサポーターを随時募集しています。このサポーターは、障害学生支援サポーター「air(あいる)」と呼ばれ、障害学生支援室が進める「障害のあるなしに関わらず、名古屋大学に通う学生が同じように修学できる環境作り」という取り組みに、協力いただいています。

 障害のある学生に対する支援の内容には、学内移動支援、図書館利用補助、支援機器の使用補助、手書きやパソコンによるキャプショニングなどがあり、ニーズに合わせて支援を行っています。サポートスキルは、登録した後、支援室が企画するサポートスキルごとに行われる講習会に参加し、習得することができます。講習会後には、練習する機会もありますので、障害者の支援活動の経験がない方でも安心です。

 また支援室では、座学(レクチャーシリーズ)や障害の擬似体験会を行い、障害に対する知識や理解を深めることもできます。博士課程の大学院生から学部1年生、各学部・研究科と幅広い所属の学生が登録してくれています。支援活動は授業の空き時間に行って頂きます。自分の修学やバイトを優先させ、それでも協力できる時間がある学生が登録しています。多くの時間を割いてくれる学生もいれば、年間でちょっとだけ協力してくれる学生もいます。障害学生の支援業務によって拘束された時間には、時給1,000円の報酬が支払われます。興味、関心のある方は、ぜひとも!そしてお気軽に!障害学生支援室まで、ご連絡ください。


障害学生支援サポーター募集ポスター                    

                   

名古屋大学学生相談総合センター障害学生支援室
Phone: 052-789-4756
E-mail: osd@gakuso.provost.nagoya-u.ac.jp


 

  • はじめに
    名古屋大学は、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室