保護者の方へ

  1. ホーム
  2. 保護者の方へ

保護者の方へ

 名古屋大学障害学生支援室では、これまで、多様な障害学生の支援を行ってきました。視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、難病、発達障害の学生に対応したケースがあります。例えば、聴覚障害学生に対してはキャプショニング(音声情報の文字化)、肢体不自由の学生に対しては学内移動支援や資料整理等補助、発達障害学生に対しては、本人や保護者の同意を得ながら、大学教職員との情報共有を図っています。また、障害学生が利用しやすい学内環境を整えるための活動も行ってきました。さらには、学内施設のバリアフリー化やユニバーサルデザイン化も進めています。


 2016年4月から、「障害者差別解消法」が施行されました。これによって、障害者に対する合理的配慮の提供が国立大学では法的義務になりました。つまり、障害のある学生とない学生が平等に修学に挑戦でき、そして評価される環境を整備していきます(※)。障害学生支援室は、こうした障害学生の修学環境を整備します。相談等がありましたら、お気軽に障害学生支援室までご連絡ください。

これは、授業の目的の変更や授業評価の基準が低くなることではありません。

名古屋大学学生相談総合センター障害学生支援室

場 所: 東山キャンパス 工学部7号館B棟2F(地図)

開室時間: 10:00~17:00

開室日: 月曜日~金曜日(祝日を除く)

連絡先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町C2-2(100)

Tel: 052-789-4756 Fax: 052-747-6457

e-mail: osd@gakuso.provost.nagoya-u.ac.jp

学生相談総合センターHP: http://gakuso.provost.nagoya-u.ac.jp/

  • はじめに
    名古屋大学では、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室