教職員へ

教職員へ

 2016年4月に障害者差別解消法が施行されました。これにより本学においては、教育・研究活動に関わる領域において、障害者に対する不当な差別的取扱いの禁止及び合理的配慮の提供が義務となります。

 不当な差別的取扱いとは、障害を理由に区別、排除または制限をすることです。障害があると参加が難しい要件を設ける、障害のない学生には付さない要件を設けることもまた、不当な差別的取扱いとなります。

 合理的配慮の提供とは、本人からの意思の表明があった場合に、障害者に対して機会の平等を担保するための配慮や環境の調整を行うことです。合理的配慮の対象者となるのは、障害者手帳所有者、診断書など専門家の所見を有している者などです。合理的か否かについては、授業の本質を変更するものではないか、負担が過重ではないか、他の学生と平等性が確保されているかなどを勘案して決められることとなります。なお、個人的な目的のために使う装置やサービスの提供は合理的配慮に含まれません(例えば、個別チューターや家庭教師のような者を付けることなど)。


 2016年度4月に障害者支援室が設置されました(障害"学生"支援室とは異なります)。今後は、障害者支援室が、障害学生の合理的配慮要請の中心的窓口になるとともに、合理的配慮決定の中心的役割を果たします。障害学生支援室は、学生を対象にその決定を実行する部局のお手伝いをする部署という位置づけになります。


 合理的配慮決定のプロセスは、障害学生の支援要請を本人の所属部局や障害者支援室が受けることから始まります。その後、障害者支援室が中心となり、場合によっては本人の状況や要望をさらに聴取し、支援が必要とされる授業の担当教員や当該学生の所属部局の教員と話しあった上で、合理的配慮が決定されます。


 障害学生支援室では、各部局と連携協力をしつつ、障害学生に対する合理的配慮(修学支援)を行ってきた実績があります。蓄積されたノウハウや、障害、またそれに伴う支援に関する知識もあります。いつでもご連絡ください。なお、以下に合理的配慮の事例等を掲載しているページを紹介します。合理的配慮は、当該環境や障害状況等を鑑みた上で決定されますので、以下の事例の全てが本学においても合理的配慮となるものではありませんが、参考にしてください。

 名古屋大学における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領:こちら

 障害に関する様々な情報:     内閣府障害者施策のページ

 合理的配慮の具体例:       内閣府合理的配慮等具体例データ集のページ

 障害のある学生への支援・配慮事例:独立行政法人日本学生支援機構のページ

名古屋大学学生相談総合センター障害学生支援室

場 所: 東山キャンパス 工学部7号館B棟2F(地図)

開室時間: 10:00~17:00

開室日: 月曜日~金曜日(祝日を除く)

連絡先: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町C2-2(100)

Tel: 052-789-4756 Fax: 052-747-6457

e-mail: osd@gakuso.provost.nagoya-u.ac.jp

学生相談総合センターHP: http://gakuso.provost.nagoya-u.ac.jp/

     
    
  • はじめに
    名古屋大学は、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室