支援内容

  1. ホーム
  2. 支援内容
  3. 視覚障害

視覚障害

  視覚障害とは、映像をとらえる眼球、映像を伝達する視神経、映像を処理する大脳などで構成される視覚系のいずれかの部分に機能障害があるために、見ることが不可能または不自由になっている状態のことです。程度としては、全くまたはほとんど見ることができないという状態(盲)と、見ることに不自由な状態(弱視)に分けることができます。

 弱視は、一般的に、メガネやコンタクトなどを利用しても、視力が低い状態を指します。しかし、弱視には、以下のような状態も含まれます。視野が狭められている状態(視野狭窄)、視野の中に失われている部分がある状態(視野欠損)、明るい場所でものが見えない状態(羞明)、逆に暗い場所で見えない状態(夜盲症)、自分の意思とは関係なく眼球が動く状態(眼振)、両目で見るときにものが二重に見える状態(複視)、色の判別を付けにくい状態(色覚異常)などです。つまり、視覚障害とは、私たちが通常イメージする低視力の状態だけではありません。


 また、すべての視覚障害者が点字を使っているわけではなく、音声によって主に情報を得ている人もいます。たとえ、点字を用意したとしても、点字が読めない人にとっては情報保障にはならないことになります。このことは、視覚障害者への支援方法が、画一的ではないことを意味します。したがって、個々人のニーズを把握した上での支援が求められます。


 これまで障害学生支援室では、教材等のフォーマット変換(例、教科書をPDF化)、タブレット等支援機器の貸し出し、PCの使い方を学ぶ講義や板書で数式がたくさん出てくる講義などにおける情報保障(例、ノート作成補助、支援サポーターによる音声説明補助)、学部と協力して実験室環境の整備などを行っています。

 

  • はじめに
    名古屋大学では、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室