支援内容

  1. ホーム
  2. 支援内容
  3. 聴覚障害

聴覚障害

 聴覚障害とは、音を伝達するための構造や機能に(例、外耳、中耳、内耳、聴神経など)に何らかの問題があり、聞こえる音域が限定されていたり、その明瞭度が低かったりする障害です。医学的に両耳が 100dB 以上で「ろう(聾)」(例、ガード下の電車走行音が聞こえない)、そして高度、中等度、軽度の難聴と聴覚レベルに応じた診断がなされます。先天性と後天性の難聴の他に、何らかの理由で突然聞こえにくくなる突発性難聴や、機能的にはなんら問題はないのですが、心理的要因が原因とされる機能性(心因性)難聴などがあります。

 聴覚器官は、大まかに外耳、中耳、内耳、聴神経に分けられますが、外耳、中耳に問題がある場合を伝音性難聴、内耳、聴神経に問題がある場合を感音性難聴と言います。前者では、音を伝達する骨や鼓膜などに問題があるため、いわゆる「集音能力」が低く、そのため大きな音であれば聞こえる場合も多いです。音を増幅させる補聴器の使用で日常生活に支障がほとんどないこともあります。一方で、後者の感音性難聴は、言わば神経性の難聴で、内耳で音の処理がうまくされなかったり、電気信号がうまく脳に伝わらなかったりします。そのため、音の内容がはっきりしない、音が歪(ひず)むなどの問題が起こります。うまく処理できない、ないしは伝わらない音声情報部分を補うように調整がなされた補聴器や音を増幅させる補聴器を使用します。老人性の難聴は、内耳の感覚細胞や神経繊維の変性が主たる原因ですので、感音性難聴が多いということになります。そして両者に問題がある場合を、混合性難聴と言います。

 聴覚障害の程度は、デシベル(dB)という音の大きさを表す単位で表現します。数値が大きいほど、聞こえないことになります。ですが、「聞こえない」には、上述したように様々な「聞こえない」や「聞き取れない」があり、状態も様々です。また、学生生活においても困難はいろいろな形があります。例えば、大講堂の講義のマイク音は聞き取り難かったり、議論が主体のセミナー形式の講義では、話す人も複数人になるので大変になったりします。個別の状況を把握し、どのような方法で支援を行うかを精査する必要があります。

これまで障害学生支援室では、聴覚障害のある学生の修学支援として、音声情報を全て文字化するキャプショニング(手書きやPCによる)、必要な音声情報を抜き出して手書きで伝える、手話通訳、映像教材の字幕付け、FM補聴システムの貸し出しなどを行ってきました。

  • はじめに
    名古屋大学では、障害のある学生が、その能力に応じて十分な教育を受け、豊かな学生生活を実現できるように取り組んでいます。
  • まず相談を!
    障害があるなどの理由により、修学や学生生活においてとまどいや不安があったら障害学生支援室に相談してください。
    支援体制・プロセス
学生相談総合センター障害学生支援室