センターのミッション

Bg header

センターのミッション

名古屋大学学生相談総合センターは、名古屋大学の学生の様々な支援を総合的に行う機関です。当センターは4つのセクションによって構成され、それらが綿密に連携することで、学生のみなさんの生活、修学、健康維持、就職や進学などにおける様々な支援を行っています。

その他にも、学生支援やそれらに関連する周辺領域に関して、学内構成員だけでなく学外の方にも研修機会を提供するなどを通じ、啓発・予防活動を展開しています。

また、ユニークなグループ活動を通じて、交流を深めたり、ネットワーキングや情報共有をしたり、またソーシャルスキルを磨く場を提供しています。さらに、学生相談総合センターは、数十年前から学生同士がいろいろなドメインで助け合うピアサポート活動を推進・支援する取組を行っており、学生間の自助活動の重要性を示しています。

1. 学生相談部門

臨床心理学の専門家である臨床心理士の専門相談員が、自分自身について、家族関係や友人・恋人関係、学内の人間関係、学生生活や研究活動、修学・進学、こころの不調など、あらゆることに関する相談及びカウンセリングを行っています。助言やカウンセリングを通じて、学生自身で問題解決の糸口を見つけるための援助を行います。学生対応にお困りの教職員やご家族の方からの相談も受け付けています。

2. メンタルヘルス部門

精神科医が、心の不調、それに伴う身体の不調に対応します。抑うつや不安、不眠などの精神的悩みに対して相談に応じるだけでなく、必要に応じて薬物療法も行います。また必要に応じて学外の医療機関を紹介することもあります。他にも学生の指導教員や保護者からの相談にも応じています。

3. 就職相談部門

専門的な知識のあるキャリアカウンセラーが、就職支援室と連携して就職や進学に関する相談及び情報提供を行います。企業選択や就職活動のプランニングに対する助言、就職活動における面接の練習、エントリーシートの書き方指導なども行っています。他にも、様々な就職活動に関するセミナーを開催しているのでぜひご参加ください。

4. 障害学生支援室

専門的な知識のあるスタッフが、障害のある学生の修学支援を行っています。修学支援計画の立案やコンサルテーション、修学支援サポーター学生の要請や派遣なども行っています。他にも障害者に対する理解を促す啓発活動としてべんきょうかいや研修会などを企画したり、学内のバリアフリー化、ユニバーサル・デザイン化に協力するなどもしています。